れからの日本の企業は「個性のある企業」でなければいけません。
その「個性」とは「企業経営の運営法」である場合もあり、又「市場創出」「製品開発」「技術開発」「顧客満足」などに現れる場合もあるでしょう。
どちらにしても、「似たり寄ったりの日本企業」「顔の見えない日本企業」から脱皮した、個性豊かな世界に通じる企業が求められています。
しかしその企業経営の思想には、日本の経営思想が継承されたものが望ましいでしょう。
個性豊かな企業は一見外見は共通していても、その源泉には歴史と伝統に培われたその国々の経営思想が存在します。
それがアメリカ的経営思想、ヨーロッパ的経営思想、中国的経営思想、日本的経営思想なのです。



して「個性ある企業」は「強くて良い会社」であることです。そうでなければ、今を勝ち残ることはできません。
「強くて良い会社づくり」 ─ これこそ私どものコンサルティング理念なのです。
「強い会社」とは、経済の変化により大きな打撃を受けない収益構造を持っています。
「良い会社」とは、社会に貢献できる体質 ─「顧客満足」と「従業員満足度」の高い企業のことです。

以上のエッセンスをこめた「会社業務研究会」(渡辺英幸)のプログラムを開始いたします。

              @経営実践講座
              A特別講座
              B会員企業視察研修
              C経営懇話会
              D懇親会パーティ      

戻る

トップページへ戻る