「就業規則の意義」

●法律があるから作成?

 就業規則というと、たいていは労働基準法を連想するのではないでしょうか。
その連想から、就業規則は労働基準法に定めがあるから作成しなければならないものと理解している人は多いでしょう。
 確かに、労働基準法では第89条1項で「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない」と規定しています。
 これをみる限り、就業規則は法律に基づいて作成するもの、という認識に間違
いはないということになるでしょう。法律面からとらえれば、そういうことになります。逆にいえば、法律に規定がなければ就業規則は作成しなくてもいいということになる訳ですが、それが就業規則の本質なのでしょうか。それを理解するためには、もう一度、原点にさかのぼって会社における就業規則の位置づけを考え直してみる必要があるでしょう。


●会社組織の秩序を維持

 いまさら説明するまでもないことですが、会社という組織は複数の人から構成されています。
その人達は、それぞれ独自の価値観、考え方を持っているはずです。
 もし、各々がその価値観、考え方に基づいて勝手な行動をしたらどうなるでしょうか。
たぶん、その集団は秩序を維持することはできないでしょう。つまり、組織とは呼べないということです。
 複数の人からなる集団を組織として機能させるためには、何らかのルールが必要になります。
実は、そのルールこそ就業規則なのです。
 複数の人で構成される集団においては、その秩序を維持するために就業規則はなくてはならないものといえるでしょう。


●期待できる多くの効用

 このように就業規則は、もともとは組織秩序を維持するために作成されるようになったものですが、就業規則を作成することによって、次のような効用を期待することもできます。


◆労働条件の統一的管理
 労働契約とは、労働者が労務を提供し、その対価としての報酬を受ける契約のことをいいます。
その内容は、法律に違反するものでない限り、基本的には自由です。
極端なことをいえば、労働者ごとに異なる契約を結んでも構わないのですが、これは管理することを考えると大変です。
そこで、基本的な労働条件を就業規則に規定しておけば、その条件に基づいて統一的な管理を行うことができます。


◆モラール向上
 労働条件があいまいだと、そこで働く人は不安に思うでしょう。
就業規則を作成するということは、そこに労働条件が明文化されている訳ですから安心して働けるということになります。また就業規則の中には、教育訓練制度や表彰制度等に関する規定を盛り込むこともありますが、それによってモラール向上を図ることもできます。


◆トラブルの防止
 日本の企業では、採用時に労働契約書を作成することはまれではないかと思います。お互いの信頼関係に基づいているということかもしれませんが、契約内容を明確にしていないと後々トラブルが起こりがちです。
 就業規則には基本的な労働条件が記載されていますので、採用時に労働契約書を作成していない場合でも、就業規則を交付しておけば、こうしたことを未然に防止できるでしょう。


◆優秀な人材の確保
 労働条件があいまいな会社では誰も働きたくはないでしょう。就業規則がない会社に優秀な人材は入社しないのではないでしょうか。
就業規則を作成しておけば、人材募集にあたって「うちの会社の労働条件はこうなっている」と胸をはって説明することができるはずです。つまり、就業規則があれば人材採用にあたって有利になるということです。


戻る