経営相談コーナー

会社業務研究会会員の皆様のEメールによる公開経営相談コーナーです。業種、相談内容をこのFAQ(よくあるご質問をまとめたコーナーです)に公開しても差し支えないものに限り(社名は非公開)、無料相談を受け付けております。会員共通の経営上の悩みなど、参考にしていただきたいと思います。

質問はこちらへ:matsuura@k-gyomu.co.jp
Q1 従業員7人で年商4億の建設業の会社です。ISOを取得したいのですが、どうしたら良いでしょうか?
Q2 取引先銀行の貸し渋りにあっています。どうしたらよいのでしょうか?(電気通信事業)

Q1
従業員7人で年商4億の建設業の会社です。ISOを取得したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

A:現在御社のように年商4〜5億規模の建設業でISOを取得しようとしている企業が増えています。ただコスト的に全行程を文章にまとめる作業に500〜600万円年間にかかり、プラスISOの認証に約200万円かかりますので、トータル700〜800万円必要となります。年商4〜5億規模ですとこのコストは大変負担となるでしょう。

そこで京都などで始まっているのですが、同じ目的を持つ企業が4社〜5社集まってISOのコンサルティングを受ければ700万÷4社=175万円/1社となり、負担も軽減されるでしょう。ISOには企業秘密は含まれませんし、文章では社名は全て仮称で記入されます。また、かえって数社集まった方が競争で良いものが出来上がります。加えてISOを取得する際に様々な経営的な問題も解決していくことができます。集まる会社の事業規模には関係なく、取得するISOも、共通のところは一緒にコンサルを受け、あとは個別対応となりますのでご心配なく。又、2000年以降、取得基準の大幅改定が予定されており、今が取得なさるチャンスだと思います。

このページのTOPへ


Q2
取引先銀行の貸し渋りにあっています。どうしたらよいのでしょうか?(電気通信事業)

A:この時期中堅・中小企業に「メインバンクはないと思え!」とはっきりと申し上げます。あなたが、メインバンクといくら思っていても、先方の銀行は決してそうは思っていません。

そのような厳しい中、まず、銀行に提出している以下の書類が十分かどうか、確認して下さい。

1.資金運用計画書 2.設備投資回収計画書 3.資金繰り計画書

もしこれらの書類がきちんとしていて、断られているようでしたら、別の金融機関にアタックして下さい。

このページのTOPへ


メニューに戻るトップページ